結婚指輪と婚約指輪との違いは?

結婚指輪と婚約指輪との違いは? ブライダル関係で必要な指輪としては、結婚指輪と婚約指輪の二つがあります。
結婚指輪は、結婚をした証ととして二人で同じものを揃えることになり、男性から女性へ、女性から男性へ贈られることになります。
結婚式では、和式であっても洋式であっても指輪の交換という儀式が含まれているので、結婚式を行うのであれば用意しなければならないことになります。
全く同じではなく、男性用になるとリング幅を太くしてみたり、女性用はピンクゴールドにするなど、同じデザインでも貴金属の種類が違ったりと部分的に変えられることもあります。
一方、婚約指輪になると男性から女性へプロポーズの際に贈られることになり、女性から男性へ指輪が贈られることはありません。
一般的には、ダイヤモンドの宝石がついた指輪となるのですが、女性の誕生石にされることもあります。
婚約指輪をもらったお礼としては、女性から男性へスーツや腕時計などのギフトが贈られることが一般的となります。

購入前に知っておきたい!結婚指輪のデザイン

大好きな人との愛の証である結婚指輪は今後身に着けていくとても大切なものです。
そのため指輪選びには失敗したくないものですが、実際どのように結婚指輪を選んでいけばいいのかと頭を悩ませる人は少なくはありません。
自分の好みや普段着る洋服に合わせて選ぶことができるファッションリングとは違い、結婚指輪はこの先何十年も身に着けていくものです。
飽きたからと言って簡単に買い替えることができるようなものではありません。
そのため可愛らしいデザインを選ぶというよりは、飽きのこないデザインを選ぶことの方が重要となっていきます。
結婚指輪は婚約指輪とは違いあまり大きな宝石がついていません。
どちらかと言えば小ぶりなものがいくつかついているシンプルなものが多く、華やかなもので言えば一周すべて宝石がついているエタニティタイプです。
小ぶりな宝石がついたものや宝石が規則正しく並べられたエタニティはいやらしさがないので、どんな場面に身に着けていっても自然です。
華奢なものは変形の恐れがあるので、なるべく丈夫で凝りすぎたデザインではないものを選ぶようにするのがポイントです。